ALGS Championship Group Stage Day4 無責任な見どころ紹介

このページでは、ALGS Championship Group Stage Day4の、「ここおさえとけば観戦がもっと面白くなるかも」な部分に独断と偏見でざざっと触れていきます!

[ALGS Championship についてはコチラ]

[ALGS Championship 全チーム紹介はコチラ]

Mildom配信

実況:大和周平 @YamatoColors
解説:alelu @apexalelu

RAGE配信

MC・実況:寺川俊平 HP Instagram
解説:すでたき @sudetaki
ゲスト(5/30):加藤純一 @unkochan1234567

OPENREC
YouTube
Twitch

グループ分け

グループAグループBグループC
T1 KRFENNEL KoreaReignite
JUPITER VEGASunSister GODTeam UNITE
USG IxiaSengoku GamingA2 esports
FENNELchouette Gaming KoreaCrazy Raccoon
GTS BlackGTS ArtLFT
OneSelfCONNECT GAMINGUSG Cruller
ORTHROS MAGICALNORTHEPTIONice cream
ORTHROS FANGFloraWararabe Choja
Lag GamingDAIKINC-VA KAGOSHIMA
RxR cloverAile9Good 8 Squad

B/C、A/C、A/Bと各2試合ずつ行われます。

現状の順位

ボーダーは、Mildom解説のあれるさんのおっしゃる通り、60~70ポイントくらいになると予想されます。

ボーダー付近は団子なので、順位の変動がかなり激しくなりそうですね。
毎試合目が離せません。

順位チーム名合計P
1Fennel Korea155
2Crazy Raccoon127
3T1 KR115
4FENNEL115
5Reignite110
6Flora97
7ORTHROS FANG94
8ORTHROS MAGICAL78
9LFT73
10A2 eSports69
11Sengoku Gaming66
12Team UNITE65
13DAIKIN60
14SunSister GOD57
15RxR clover55
16Good 8 Squad55
17GTS Black54
18NORTHEPTION53
19Lag Gaming51
20ice cream51
21Aile950
22JUPITER VEGA46
23USG Ixia44
24C-VA KAGOSHIMA44
25USG Cruller44
26Wararabe Choja43
27OneSelf37
28GTS Art36
29CONNECT GAMING22
30chouette Gaming Korea17

※BattlefyではFENNELが上になっていますが、シングルマッチスコアでT1が上回っているので、ルール上T1が上のハズです。

12試合終えてのデータ

※独自で集計しています。間違っていたらすみません!

平均順位

FENNEL Korea:5.42
Reignite:6.5
Flora:6.75
CR:8.5
ORTHROS FANG:8.58
T1 KR:8.92
FENNEL:9.08

FENNEL Koreaが圧倒的です。
こう見ると韓国チームが多いなという印象ですが、ここにORFとFloraが食い込んでいるのがシンプルにすごいなと感じます。
この後にも期待できますね!

キル
[FL] mo-mon:35
[T1] obly:27
[CR] Selly:27
[FLK] JungHee:26
[FLK] Dogma:25
[FLK] Minseong:25
[Flora] Shakabo:24
[CR] Ras:24
[CR] Zeder:22
[A2] rutzi:21
[RIG] DizzyMizLizyy:20
[T1] Parkha:19
[DAIKIN] Daiki:19
[ORF] TenoriN:19
[ORF] DavinCi:19
[RIG] 788:18
[Flora] Mainy:18

韓国チームのアベレージが異常に高いですねw

ORFも、FENNELやFlora並みにキルポイントを取っています。

ダメージ
[RIG] 788:16136
[FLK] JungHee:15665
[CR] Selly:14224
[RxR] kanata:13301
[CR] Zeder:12176
[T1] obly:11983
[FL] Curihara:11778
[Flora] Mainy:11600
[Flora] ShunMi:11358
[FLK] Dogma:10340
[G8S] yL:9918
[CR] Ras:9904
[ice cream] MatsuTasu:9654
[FL] mo-mon:9625
[FLK] Minseong:9458
[ORM] PinoNolR:9316

788選手が、日本を代表するスナイパーとして堂々の1位。
そして4位には、「スナ使い」そして「パス使い」であるRxRのkanata選手がランクイン。
「第2のたまちゃん」になるのでは…と管理人個人的に期待しています笑

ピノノワール選手も長物でダメージを出しています。

FLKは、キルもダメージもメンバー間で平均的です。
つまりそれは1選手に頼っていないということになり、連携が取れていることの証になりますね。

ポイントが取れていないチームからも何名かランクインしています。
この辺りにも注目してみると面白いと思います!

安置

展望、発射・ドーム多いですね!

ランドマーク

2試合ごとにグループが変わるので、降下地点を変える必要があるチームは対応が大変ですね。

しかし、降下地点を決めていないORTHROS両チームともここまでの成績が良いところを見ると、柔軟な対応ができていれば問題はないのかなという印象も受けます。
もちろん安置によると思いますが。

NORTHEPTIONがウエストの鉄骨を漁っていますが、GTS BlackやFENNEL Korea、Lagなどに初動で絡まれる展開があったりと少し苦しそうでした。
ムーブの変更もワンチャンあるかも??

2位狙い

「観戦の楽しみ方」として、今更ですがひとつ。

最終リングの立ち回り方として、「2位狙い」というものがあります。

最終、3チームが残った状態では、もちろん「漁夫ができる」チームが1番有利になります。

ポジション的に、先にぶつかることになり漁夫られてしまうことが明白な状態にあるチームは、中途半端に1位を狙いそのままリングが閉まってくるのを待っていると、確実に2位か3位のどちらかになることになります。
であれば、2位を狙ったほうがいいですよね。

ということで、2チームいるどちらかにフォーカスを合わせ、一気に落としにかかり、3位でもなく1位でもなく、2位というポジションを確実に手にしようという作戦です。

パッと見、「なんでそこ突っ込むの、無理すぎない?」という特攻に見えることもありますが、立派な作戦なんです。
1位を諦めずに最後まで狙うのも大事ですが、バトルロイヤルの形式上、安置運が絡みます。
「期待値の高い方を取る」という意味では、非常に良い判断なんです。

グループステージ最終日。
今日の結果次第で、来週のグランドファイナルに駒を進められるかどうかが決まります。

古参、新参、強豪、LCQ組。
ここまで来たら、もう根性です。

各チーム、悔いの残らないように全力をぶつけて頑張ってほしいと思います!!

タイトルとURLをコピーしました