ALGS Winter Circuit #4 素人目線の振り返り!

このページでは、ALGS Winter Circuit #4の、「ここおもしろかったなー」な部分に、独断と偏見でざざっと触れていきます!
[ALGS Winter Circuit #4 についてはコチラ]

結果

※上位3チームがプレーオフ出場権獲得
※上位5チームが賞金獲得

順位チーム名順位PキルP合計P
1FENNEL273360
2FENNEL Korea263359
3JUPITER VEGA321951
4Flora173350
5chouetteGaming252449
6Crazy Raccoon93443
7SunSister GOD202141
8Reignite32941
9NORTHEPTION181634
10T1 KR131831
11ice cream171330
12LFT82230
13GTS Black161329
14TEAM FRUITS STAR161127
15COG ACE111425
16AVALON Gaming14923
17NarraTive Vanshee10717
18Sengoku Gaming4711
19GTS Feather549
20Lag Gaming448

流石のFENNELワンツーフィニッシュ。
FENNEL、FENNEL Koreaともに、公式大会での成績が常に安定しているイメージがさらに強まりました。

Flora、chouetteGamingは惜しくもプレーオフ権を逃しましたが、3/20、21に行われるラストチャンス予選で上がってくるのではないかと予想されます。
しかしやはり1ポイントがここまで響くと選手にとってはくるものありそうですね…

T1は結果としては10位。
今回の決勝は韓国勢が大暴れしていたような印象が全くなく、各チームの差が小さくなってきているように感じました。
ホントいいことですよね!
シンプルにすごく面白かったなあという感想です。

お疲れさまでした!
 

ランドマーク争い

ラバシティー

Lag Gaming、LFTがランドマークとしています。
両チームともプレーオフが確定しているので譲る理由もなく、がっつり当たりそうですが、戦ってしまうと発射場からFENNELが漁夫に来そうです。

結果、chouetteが最初LFTとかぶり、その後エピセンターにずらしていました。
が、最終マッチでchouetteのプレーオフ進出阻止を狙ってLFTがエピセンターにかぶせに行きました。
LFT側の、ラバをランドマークにするチームにプレーオフに来てほしくない意図が伝わりますね。
もし自分たちがファイトに負けても、漁夫でchouetteに全滅してもらおうという…これも作戦のうちです。

Lag Gamingはウエストを漁っていました。

ドーム

chouetteGamingとAVALON Gamingが当たるかもしれませんが、こちらも戦ってしまうと発射場からFENNELが漁夫に来そうです。

こちらはAVALONが安定してファームしていました。

発射場

ice creamが予選で降りていました。もしかしたらFENNELとかぶるかもしれません。

こちらはice creamがスカイフックにずらして平和的解決。

カウントダウン

TEAM FRUITS STARが予選で降りていたので、JUPITER VEGAとかぶるかもしれませんが、ずらすかもしれません。

FRUITS STARは1戦目、火力でNrTvとかぶり。
2戦目以降はNrTv側が製錬にずらしていました。

仕分け

2戦目でCRが仕分け上の集落でSSTにかぶせて全滅させていました。
3戦目もCRがまたかぶせにいこうとしたのでSST側が仕分けに降りる素振りを見せ、CRが「じゃあ仕分けでかぶせよう」と仕分けに降りようとしたところをSST側が間欠側に避けるという、SSTが見事な動きでCRを避けていました。

駆け引きが面白い!w

レジェンド構成・ピック率

最近とにかくジブが多い!
本日もそこは変わらないんじゃないでしょうか。

後半、キルポイントを狙ってレブを構成するチームが出てくるのも定番なので、変わらずなんじゃないでしょうか。

ジブはほぼほぼ全チーム、残り2枠の選び方がレイス、ホライゾン、ブラハ、ガス、クリプトの中からチームによって変わってくる、といった感じの環境になっていますね。

GTS Black以外の全チームが、全マッチジブ採用でした。
レイスとホライゾンはほぼ半々。

今回はなんとレブ採用はなし。
いちかばちか行くより、順当に戦おうという堅いムーブでした。

3/10のパッチ適用に伴って今後どう変化していくか楽しみです。
788選手のパスは見たいところですね!

平均順位上位チーム

Reignite:5.33
JUPITER VEGA:5.83
FENNEL Korea:7.67

今回は、古参3チームがランクイン。
RIGはメンバー変更1名あるものの、BBV時代から安定。
788選手のクリプト採用が噛み合ったのでしょうか。

JUPITER VEGAは昔からコースティックのイメージがあります。
Winter Circuitでも常にコースティック採用で決勝10位にほぼ毎回入っているチームで、#4までのWinter Circuit通算でも平均8.25位。
すごいです。

FENNEL KoreaはOPGG時代からメンバー変更もなく、ワットソンメタが終わった後もワットソンを使い続けるくらい順位を重視しているチームで、以前から順位ポイントを稼ぐチームのイメージがあります。

キル数上位選手

[CR] Ras:22
[Flora] Shakabo:14
[FL] Curihara:14
[FL] Pinotr:13
[Flora] Mainy:13
[FLK] JungHee:13
[LFT] Lemonade:12
[SST GOD] MUSTLE:11
[FLK] Dogma:11
[T1] Obly:10

Ras選手なんと22キル。
最終マッチで9キルを叩き出していました。

Shakabo選手のキルシーン目立つところが多かったですね。
ラストチャンス予選にも期待です。

ーーー以下、見どころ紹介から更新なしーーー

出場チーム、選手について

ice cream

Vanityz8選手は03_ghostというチームでAutumn CircuitにLCQから出場し、プレーオフでなんと5位を獲得しています。

今回、N22JB(にっつ)選手、COGのMatsutasu選手と出場しています。

TEAM FRUITS STAR

・Daiki選手
・Xest(ぜすと)選手
・元WayMyriadのZipman(じっぷまん)選手

からなるチームです。
リザーブとしてHoNoSuu(ほのすー)選手も参加しています。

Zest選手とHoNoSuu選手は、仏さん主催のタイマン最強決定戦にも招待されていました。

NarraTive Vanshee

・Sano(さの)選手
・Lac1a(れいしあ)選手
・madiller(まっどいらー)選手

の3名。
1月結成のチームで、Sano選手とLac1a選手は元 noVanityです。

AVALON Gaming

・Senapoppo(せなぽっぽ)選手
・Quruto(くると)選手
・AsanagiSio(朝凪汐)選手
・perun(ぺるん)選手

の4名体制。
Senapoppo選手とQuruto選手は元 LFT Spadaです。

chouette Gaming

※(前回掲載しましたが、念のため)

「しゅえっと」と読みます。

Autumn Circuitでは「NEXUS」というチーム名で出場していた選手3名からなるチームで、プレーオフでは8位という好成績を残しています。
つまりめちゃくちゃ強いです。

・imPotqtq(ぽてと)選手
・xLusy(るーしー)選手
・xMrJewelman(じゅえるまん)選手

※追記
今回はxLusy選手のかわりにRizq(りざ)選手が出場しています。

LFT

※(前々回掲載しましたが、念のため)

そもそもLFTは「Looking For Team」の略で、チームを探している選手がよくつけるタグです。
(ご存じの方も多いと思いますが一応!)

強豪が顔を揃えるWinter Circuit #1で総合3位という結果を残しています。

・元 Crest GamingのYUKIO(ゆきお)選手
・JUPITER所属のLiNlN1N(りん)選手
・Liberta所属のlemonade(れもねーど)選手

賞金

今週も賞金がしっかりと用意されています!

1位$4,500
2位$2,250
3位$1,125
4位$750
5位$750
※単位:USD

チーム紹介ページはコチラ!

タイトルとURLをコピーしました